バレエの人気バリエーション46個を難易度別に動画付きで解説!【初心者〜上級者】

キトリやリラの精、オデットなど、いわゆるプロのバレエの世界でも選ばれた人しか踊れないのがバリエーション。あんな風に踊れたらなぁ〜。ほんと憧れちゃいますよね。

プロと同じように踊るのは無理でも、せっかくバレエをやっているのならやっぱりバリエーションには挑戦してみたいもの。ひとつの踊りを繰り返し練習することで、できなかったパができるようになったりするので絶対トライしてみる価値はあり!

こちらのページでは、コンクールや発表会などで見かけるバリエーション46個を難易度別にまとめてみました。初心者〜上級者までたくさん紹介していますので、大人のバレエ初心者の方もぜひ参考にしてみてくださいね。

ニュースな女神編集長

まずはバレエを始めてまだ数年という方でもトライできるバリエーションから紹介!

目次

人気バリエーション一覧【難易度★☆☆】ぜひ初心者も挑戦したい!

キューピッド

ドン・キホーテの夢の場に登場するキューピッド。バリエーションでコンクールでも小学生の部でよく見かけますね。子供だけでなく大人にも人気のバリエーションです。全体に短いうえ、すごくテクニックを要するパもあまりないので、コンクールデビューとして踊る子供が多いです。なので、バレエ初心者さんでも比較的トライしやすいバリエーションです。ただ音が早いので、うまくテンポに乗れるかどうかがポイントになります。

ペザント

ペザントはジゼルの1幕の秋の収穫祭のなかで踊られるバリエーションです。ペザントの衣装はロマンチックチュチュなので短いクラシックチュチュはちょっと抵抗が・・・という大人の方でも安心です。なお、同じペザントでも2種類あるのでDVDを購入したりする場合は要注意です。購入前に視聴さえてもらうのが無難かもしれませんね。


こちらがよくコンクールや舞台で見るタイプ。

あまり見かけないペザントのバリエーション。こちらはかなりポアントテクニックが要求される振り付けになってるので、先に挙げたバージョンのペザントのほうが初心者にはおすすめです。

フロリナ王女

眠れる森の美女の3幕でブルーバードとフロリナ王女とのグランパドゥドゥの中で踊られるバリエーションです。とても可愛らしい踊り。キューピッド同様、コンクールで小学生の部で踊る子が多いですね。エシャッペ、パッセなど基礎的なパが多いうえ、テンポも割とゆっくりなので初心者のかたでもトライしやすいバリエーションです。

オーロラ姫

オーロラ姫は眠れる森の美女の3幕で登場します。テンポがゆっくりなうえ、回転のパも少ないので初心者でも挑戦しやすく、大人で初めてバリエーションに挑戦する人に特に人気の高いバリエーションです。

余談ですが、オーロラ姫は高度なテクニックを必要とするようなパがあまりない分、高い表現力を必要とします。コンクールでは「オーロラ姫で賞を取るのは難しい」と言われるほど。それくらい奥の深いバリエーションなんですよ。

ゼンツァーノの花祭り

ゼンツァーノの花祭りのローザという村娘のバリエーション。とても可愛らしい踊りですが、独特の足さばきがちょっとチャレンジング。ただ、回りものは苦手という方にはおすすめです。

サファイヤ(宝石の踊り)

眠れる森の美女の3幕に出てくる宝石の踊りのひとつ。一般的にはダイヤモンドとセットになっています。(金の精・銀の精と呼ばれることも)なかには、ダイヤモンドはあるのにサファイヤはなかったりすることも。動画も少なめでなかなか見つかりません。

サファイヤの踊りは全体的にグランジュッテが多めなので、ジャンプが得意な人におすすめです。


(3分22秒くらいから)

リーズ(第2幕から)

ラ・フィーユ・マル・ガルデの2幕でリーズが踊るバリエーションです。このリーズのバリエーションは、キューピッドやフロリナと並んで初心者に人気のバリエーションです。

アンボアテからのパドブレの繰り返し、そして最後はストゥニューがあったりと決して簡単ではありませんが、ピルエットやピケなどの回転のパはないので、回転が苦手な人におすすめです。


(7分8秒くらいから)

キトリの友人の踊り(第2バリエーション)

ドン・キホーテの第三幕でキトリの友人が踊るバリエーション。第1バリエーションもありますが、グランパデシャやシェネなど回転がてんこ盛りなので、初心者の方には第2バリエーションのほうが比較的トライしやすい踊りになってます。

パキータ第4バリエーション

たくさんあるパキータのバリエーションの中でも比較的初心者向きと言われるのが第4バリエーションです。途中ピルエットは入りますが基本的なパが多いので、初心者の方でも表現力にもフォーカスしながら練習できるはず。

眠れる森の美女 パ・ド・シス のバリエーション

眠れる森の美女の第1幕のパ・ド・シスで踊られる妖精のバリエーションです。優しさの精、元気の精、鷹揚の精、呑気の精(カナリア)、勇気の精、これらのバリエーションは難しいパが少ないものが多く、初心者の方におすすめ。アレグロが得意な方には元気の精、呑気の精、勇気の精が、苦手な方なら優しさの精、鷹揚の精がおすすめです。

ピチカート

ライモンダの第1幕で踊られるバリエーションです。特別難しいパが出てこないうえ、最後にマネージもないので初心者の方も挑戦しやすいと思います。

白鳥のパドトロワ 第一バリエーション

白鳥の湖の第一幕のパドトロワで踊られるバリエーション。ゆっくりなテンポで特別難しいパもなく、初心者の方でも挑戦しやすい踊りです。

白鳥のパドトロワ 第二バリエーション

こちらも白鳥のパドトロワのバリエーション。第1バリエーションよりもテンポが早いうえ、回転技も多くなります。

[st-kaiwa1]続いては、すでにバレエの基礎ができている方におすすめのバリエーションを紹介します。[/st-kaiwa1]

バリエーション一覧【難易度★★☆】バレエ歴10年〜におすすめ

バレエ バリエーション 難易度

ダイヤモンド(宝石の踊り)

眠れる森の美女の3幕に出てくる宝石の踊りのひとつ。テンポがかなり早いのでアレグロが得意な人におすすめ。とても可愛らしくキュートな踊りです。

キトリ(第3幕より)

ドン・キホーテの3幕で踊られるキトリのバリエーション。早いテンポでの扇子をさばきながらのパッセやエシャッペなどのパが難易度高め。ジャンプが得意な人、アレグロが好きな方におすすめです。

スワニルダ(第3幕より)

スワニルダはコッペリアの3幕のなかで主役のスワニルダが踊るバリエーションです。途中イタリアンフェッテが出てくるので難易度がグンと上がります。

ちなみに、こちらの動画が吉田都さんがローザンヌバレエコンクールに出場されたときのものです。このときはまだ15歳ですが、すでにバレリーナとして完成されてます!!バレエを始めてたったの5年とは思えません!!!

森の女王

ドン・キホーテの夢の場で踊られる森の女王のバリエーション。女王らしい優雅な踊りです。基本的なパが多いものの、回転も多く、最後はピケ&シェネのマネージと難易度は高め。途中はアラベスク&パッセにするパターンとイタリアンフェッテをするパターンと2種類あり。イタリアンフェってに自信がない人でも、そこをアラベスク&パッセに変えるだけでその後がグンと楽になるはず。

エトワール

エトワールはパキータの中で主役が踊るバリエーションで、大人っぽい踊りなので大人のバレリーナさんたちにすごく人気があります。回転は少なめでテンポもゆっくりですが、バランス力、そして優雅に踊れるかどうかがポイント!アダージオが得意な人におすすめです。

パキータ・パドトロワ第2バリエーション

パキータのなかのパドトロワの2種類あるバリエーションのひとつ。アントルシャシスから始まる可愛らしさと優雅さを兼ね備えた踊りです。最初のアントルシャシスに、前のカブリオールからのアンデダン、後ろバッチュ、最後のピケアンデダンなど、テクニックを要するパが多め。右手アンオーでのアティテュードドゥバンなど、止めるべきところでしっかりポーズを決めるのがポイントです。

スワニルダ(第1幕より)

コッペリアの第1幕で踊られるスワニルダのバリエーション。コンクールでも特に人気のバリエーションです。可愛い踊りですが2分ちょっとと長いので体力的にかなりハード。疲れて大変でも笑顔で踊ることが何よりも大切!途中で怒る部分も恥ずかしがらずに堂々と演技をしましょう。

ガムザッティ

ラ・バヤデールの第3幕で踊られるバリエーション。初心者の方でトライする人も多いですが、大きいジャンプが多く結構難しい踊りです。テンポが割とゆっくりなので、バランスを取るところではしっかり取る、ポーズを決めるところはビシッと決めるなど、メリハリのある踊りを目指したいですね。

キトリの友人の踊り(第1バリエーション)

ドン・キホーテの第3幕でキトリの友人が踊るバリエーション。とにかくジャンプが多め!!最初から最後までグランパデシャばかりです。体力に自信がある人におすすめです。

海賊(メドーラ)

海賊のなかでメドーラが踊るバリエーション。ピルエットやフェッテ、ピケなど回転のパが多いうえ、大きいジャンプもあり。回転技にジャンプと体力とパの基礎力が求められる踊りです。

ギュリナーラ(第1幕より)

海賊の第1幕でギュリナーラが踊るバリエーション。グルナーラとも呼ばれています。

ギュリナーラ(第3幕より)

海賊の花園の場面でギュリナーラが踊るバリエーション。ハープの音色が可愛い曲ですが、全部で2分近くあるうえ回転も多いので、テクニックだけでなく体力も必要です。お腹を出したハーレムパンツの衣装を選ぶ人が多いですね。

タリスマン

コンクールでもよく見かけるバリエーション。全体的に柔らかい踊りですが体幹がしっかりしていないと踊れません。テクニック的にすごく目立つパはないので、アンデオールを綺麗に見せるのがポイント。

(7分52秒あたりから)

リラの精

眠れる森の美女のパ・ド・シスの最後に踊られるバリエーション。テンポはゆったりしているものの、テクニックがないと難しいパが多め。ピルエットやピケターンなど回転ものに自信がある方はチャレンジしてみるといいかも。こういうテンポがゆっくりの踊りは表現力の勉強にもなりますね。

(8分19秒あたりから)

バヤデール 影の王国第2バリエーション

バヤデールの影の王国で踊られるバリエーションです。躍動感のある振り付けでダイナミックな踊りなので、高度なスキルに表現力も必要とされます。ローザンヌなどのバレエコンクールでも人気の踊りです。

チャイコフスキー・パドドゥ

全体的には決して高度なパがあるわけではないのですが、軽快でテンポの早い曲なので、音に合わせてリズミカルに踊るのが難しい踊りです。基礎的なスキルだけでなく表現力も必要とされます。アレグロな得意な中級者以上の方におすすめです。

海賊オダリスクのバリエーション

海賊の第1幕で踊られるオダリスクのバリエーション。第1、第2、第3と全部で3種類あります。どれもかなりテクニックを要する踊り。第1、第2はテンポが早いのでアレグロが得意な方におすすめです。第3はコンクールでも人気のバリエーションです。ピルエットにピケアンデダンが続くので、回転ものに自信のある方、回転ものがもっと上手くなりたいという方におすすめです。


(第1:3分42秒あたりから / 第2:4分47秒あたりから / 第3:5分52秒あたりから)

ワルプルギスの夜

最近よくコンクールでも踊る人が増えてきたのがワルプルギスの夜のバリエーションです。軽快で可愛らしい音楽と独特な振り付けが特徴の踊りです。細かいステップとポアントワークが難しい。

アレルキナーダ

アレルキナーダはコンクールでも人気のバリエーションのひとつです。唇に指を当てるポーズが特徴で、可愛い曲調で特別難しいパはありません。ただ、可愛らしさを表現できるかどうかがポイント。

ジゼル(1幕より)

ジゼルの第1幕で踊られるバリエーションです。序盤のアラベスクからのパンシェ、アティテュードトゥール、そして後半のバロネなど、テクニックを要する振り付けですが、何よりも大事なのはジゼルを表現する力でしょう。基礎力があるのは当然のこと、表現力を鍛えるという意味では挑戦しがいのあるバリエーションだと思われます。

ファラオの娘 アスピシアのバリエーション

ファラオの娘の第2幕でアスピシアが踊るバリエーションです。後半にバロネにマネージが入りますが、特別に難しいパは入っていません。マイナーなバリエーションを踊りたい、人とは違うバリエーションをやりたい、という方におすすめです。

[st-kaiwa1]続いては、バレエをやっているからには一度は挑戦してみたいと思う難しいバリエーションを紹介![/st-kaiwa1]

バリエーション一覧【難易度★★★】一度は踊ってみたい!

バレエ バリエーション 難易度

シルヴィア

シルヴィアの中で踊られるバリエーション。音楽も振りも可愛らしく素敵な踊りですが、とにかく長いです!そのうえ、最後にはバロネも。独特な振り付けですが、体力、技術ともに必要とするバリエーションです。

(8分58秒あたりから)

金平糖の女王

くるみ割り人形の第2幕で金平糖の精が踊るバリエーション。とても可愛らしい音楽で振り付けも素敵ですが、とにかく長くて全部で2分30秒くらいあります。なので、体力がないと踊れません。テクニック面だけでなく、持久力も必要になります。


(7分16分あたりから)

オデット(白鳥)

白鳥の湖でオデットが踊るバリエーションです。回転やジャンプなど、特別難しいパはないのですが、優雅さかつ繊細さ、上品さが求められる踊りです。序盤のアラスゴンドへのバットマンデベロッペでは高さもキープ力も必要です。バレエの基礎力、体幹、表現力とすべて必要なので、上級者の方でないとなかなかトライするのが難しいと思われます。

オディール(黒鳥)

オディールのバリエーションはブルメイスティル版とプティバ版の2種類あります。音楽も振り付けもまったく異なりますが、どちらもかなり高度なテクニックと表現力を必要とする踊りです。音楽は優雅な曲調になっていますが、回転技が多く、難易度はかなり高め。上級者でも難しいバリエーションです。

こちらはブルメイスティル版。

そしてこちらがプティパ版。

グランパクラシック

グランパクラシックは幕物ではなく、グランパクラシックというグランパドドゥのなかで女性が踊るバリエーションになります。

ローザンヌコンクールではシニアがよく選びますね。高度なテクニックが必要な振り付けなので、評価しやすいという理由でコンクールで踊るバリエーションとして人気なのでしょう。

バレエ経験が長い上級者にとっても難しいバリエーションです。

エスメラルダ

コンクールでも大人気のバリエーション。とてもカッコいいのですが、体力も筋力も回転など高い技術力も必要な難しいバリエーションです。上体を反らせて後ろ足でタンバリンを叩いたり、バロネで高く上げた足でタンバリンを叩いたりと高い技術と柔軟性、表現力とすべてが求められます。

ダイアナ

ダイアナとアクティオンのパドドゥので女性が踊るバリエーションです。弓を持ち、それを使いながら踊る必要があるため、さらに難易度がアップします。そのうえ、2分と長いうえ後半でジュッテアントルラッセからのアラベスクが続いたりと、とにかく体力が要するバリエーションです。難しいパが多いのでスキルと体力の両方に自信がある方におすすめです。


(7分55秒あたりから)

サタネラ

最近はコンクールでも人気のバリエーションです。派手さはありませんが、難易度は高いです。後半、アラスゴンドからのアティテュードでポーズのところでしっかりキメるバランス力に妖艶さと可憐さを兼ね備えた表現力、そして、踊り自体も長いので高いので体力、持久力も必要です。

パリの炎

パリの炎のパドドゥでジャンヌが踊るバリエーションです。可愛い曲調ですが、テクニック的な難易度は高いです。ポアントで立っている時間も長く、小さなジャンプも多め、回転も多め。後半の連続バロネでは足の強さとバランス力が求められます。難しい踊りをいかに軽やかに踊れるか、がポイントです。

キトリ(1幕より)

ドン・キホーテの第1幕でキトリが踊るバリエーション。早い曲調に合わせ、大きくシソンヌで飛び、上体を後ろに反らした振り付けが特徴で、ジャンプ力だけでなく柔軟性も必要とされます。技術力はもちろん、ジャンプに自信がある方におすすめです。

ライモンダ(1幕2場より)

ライモンダの1幕2場で踊られるバリエーションです。ローザンヌバレエコンクールでもよく踊られてますね。つまり、それだけ高度な技術を要するバリエーションだということです。優雅でゆっくりな曲調ですが、高いバランス力、キープ力を必要とされます。

ドルシネア

ドン・キホーテの夢の場でドルシネア姫が踊るバリエーション。ゆったりとしたテンポなので、しっかりとした軸でバランスを取る必要があるうえ、アラベスクとアティテュードでバランスを取る部分が多め。途中のバロネでのホッピングやシソンヌからのアティテュードでポーズなど高度なテクニックも必要とされます。

バレエの人気バリエーション46個難易度別まとめ

以上、コンクールや発表会などで人気のバリエーション46個を紹介してみましたが、いかがでしたか?

苦手・得意は人それぞれ違うもの。同じバリエーションでも、難しいと感じる人もいれば易しく感じる人もいます。

こちらのページでは難易度別にバリエーションを紹介しましたが、あくまでも新たに挑戦するバリエーションを選ぶうえでのひとつの参考にしていただけると幸いです。

ニュースな女神編集長

バリエーション、がんばってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です