PayPayが100億円キャンペーンの第2弾を実施!第1弾との違いは?

2018年の年末に大きな話題となったPayPayの100億円キャンペーン。

「100億円あげちゃう」というインパクトのあるキャッチフレーズにつられ、PayPayのアプリをインストールした人も多いのではないでしょうか。

そんなPayPayの100億円キャンペーンの第2弾が、2019年2月12日よりスタートします。

そこで今回はPayPayの100億円キャンペーンの概要をおさらいし、今回実施される100億円キャンペーンが前回とどのように違うのかについて解説していきます。

PayPayはスマホで簡単決済ができるアプリ

PayPayは無料で利用できるスマホ決済アプリです。
お店でアプリのバーコード画面を読み取ってもらうだけで、決済が完了します。

PayPayのメリットは、支払いの度キャッシュバックが受けられるという点。支払額の0.5%がPayPayの残高にキャッシュバックされます。

第1弾はわずか10日間で終了?PayPayの100億円キャンペーンとは

PayPayの100億円キャンペーンとは、総額100億円分をPayPayの利用者にキャッシュバックで還元するというものです。

第1弾の100億円キャンペーンでは、最大25万円までの買い物に対し、支払額の20%分がPayPay残高にキャッシュバックされました。

クレジットカードなどとは比べものにならない圧倒的な還元率であり、前回の100億円キャンペーン中にPayPayで家電やパソコンといった高価なものを買った人も多いのではないでしょうか。

しかしPayPayの100億円キャンペーンはニュースやSNS 上で大きな話題になったこともあり、わずか10日あまりで100億円全てを還元し終えてしまいました。
ニュースやSNSでPayPayの100億円キャンペーンについて知り、いざ買い物をしようと思ったら一足遅かったとい人も多いはず。

とは言えこの一連の騒動でPayPayは多くの人に認知されるようになり、LINE PayやApple Payと並ぶ主要ペイメントサービスとして台頭するきっかけとなりました。

第2弾の100億円キャンペーンは前回と何が違う?

paypay 第二弾

そしてPayPayは満を持して、2019年2月12日より100億円キャンペーンの第2弾を開催することを発表しました。
前回100億円キャンペーンに参加する機会を逃してしまった人も、今回こそはしっかりとその恩恵を受けようと意気込んでいるのではないでしょうか。

しかし今回の100億円キャンペーンは、前回と少し条件が異なります。

ここでは、今回の100億円キャンペーンと前回の100億円キャンペーンの違いについて解説してん行きますね。

1回あたりの還元額の上限は1,000円まで

前回の100億円キャンペーンでは、最大25万円までの買い物に対し、支払額の20%分、つまり最大5万円分のキャッシュバックを受けることができました。

しかし今回キャッシュバックの対象になる支払い額は最大5,000円まで。
つまり、1回あたり最大で1,000円分までしかキャッシュバックされません。

前回の100億円キャンペーンがすぐに終わってしまったため、今回はより多くの人に参加してもらおうと配慮したのでしょう。

ただし、引き下げられたのは1回あたりのキャッシュバック額のみで、キャンペーン中に繰り返し買い物をすれば合計5万円までキャッシュバックを受けることができます。

パソコンや家電といった高価なものを買う際にキャッシュバックの恩恵が受けられないのは残念ですが、5,000円程度の買い物を何度も繰り返せばそれなりの額の恩恵は受けられるはずです。

抽選で1,000円分のキャッシュバックが当たる「やたら当たるくじ」も同時開催

支払い額に応じたキャッシュバックのキャンペーンに加えて、「やたら当たるくじ」と称した抽選が行われるのも前回との違い。

  • PayPayで支払いをした場合:1/10の確率
  • Yahoo!プレミアム会員の場合:1/5の確率

で1,000円分のキャッシュバックが当たります。

何度もPayPayで支払いをすれば複数回当選することも可能で、キャンペーン中に最大で5万円までキャッシュバックを受けることができます。

PayPayの100億円キャンペーンに参加する際の注意点

せっかくの機会なので、ぜひ参加しておきたいPayPayの100億円キャンペーン。

ここでは、100億円キャンペーンに参加する際の注意点についてまとめます。

クレジットカード利用だと、還元率が下がる

PayPayはあらかじめ銀行口座からチェージをしておいた「PayPay残高」で支払う方法の他に、クレジットカードで支払いをすることもできます。

しかし、PayPay残高による支払いでは20%のキャッシュバックを受けられるのに対し、クレジットカードによる支払いでは10%しかキャッシュバックを受けることができません。

100億円キャンペーンの恩恵を少しでも受けたいのであれば、面倒でも銀行口座からPayPay残高をチャージしておく必要があります。

PayPayに対応しているお店は意外と少ない

PayPayに対応しているお店は、下記のリンク先に記載されています。

PayPayが使えるお店

大手居酒屋チェーン店や家電量販店で対応していますが、コンビニで対応しているのはファミリーマート、ポプラ、ミニストップのみ。主要なスーパーでも対応していないため、日常の買い物には少し不向きです。

まとめ

前回の100億円キャンペーンと比べてキャッシュバック額の上限が大幅に引き下げられたのは残念ですが、その分前回のように一瞬でキャンペーンが終わってしまうということはなさそうです。

また100億円キャンペーンを度外視しても、PayPayはスマホ1台で簡単に決済ができる便利なアプリです。

これを機にPayPayをインストールして、PayPayによる支払いを試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です