カラオケで高得点を出すための方法【男女別おすすめ曲】

カラオケに行ってただ歌っているだけでも楽しいですが、仲間と得点を競うと、さらにカラオケは盛り上がりますよね。といっても、プロではなくて一般の人は、なかなかカラオケで高得点が出せないこともあります・・・

をうまく歌って高いスコアを出したい!という時にはコツも必要です。つまり、コツを抑えればハイスコアも夢ではない、ということです。

このページでは、歌手でなくてもカラオケで高得点を出せる方法について伝授いたします。

[st-kaiwa1]ハイスコアになりやすい歌も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。[/st-kaiwa1]

高得点を得るための4つのポイント

ハイスコアを得るには、次のようなポイントを抑えている必要があります。

1. 安定した声を長く伸ばせているか

これを「ロングトーン」といっています。正しい音程で安定した声を伸ばせているかが、得点に結びついてきます。

2. 安定感

歌っている最中に音程がブレていると、得点が下がる原因になってしまいます。声が安定しているかどうかも、スコアに関係してきます。

3. 抑揚がついているか

AメロやBメロ、サビに応じてメリハリをつけると得点が高くなります。声がいくら素敵で安定していても、淡々と歌い過ぎてしまうと表現力の点数が落ちてしまい、不利になります。多少は音の強弱も考えながら、心を込めて歌いましょう。

4. テクニックがあるか

必要以上にオーバーにやる必要はありませんが、多少はこぶしやビブラート、しゃくりを入れると効果的です。しゃくりというのは、本来の音をいきなり出さずに、わざと少し低いキーから歌い出すことです。ビブラートは、声を震わせるように歌うやり方です。こぶしは、音を細かく動かして装飾音的にして強調する歌い方です。

高得点を出すためのコツを伝授!

カラオケでハイスコアを出すには、難しいこと以外にも、身近なことですぐ得点に結びつきやすいコツもあります。
ここでは、厳しいボイトレレッスンにいかなくても、簡単にカラオケで高得点が出るようなコツを2点ご紹介します。

マイクを持つ位置を工夫する

カラオケに行った時に意外と重要なのが、マイクを持つ位置です。マイクを握る場所が上過ぎると、マイクが音を拾いにくくなってしまうので気をつけましょう。また、マイクにずっと口を近づけていると、抑揚がつきにくくなってしまいます。

サビの部分に入ったらマイクを特に近づけて、サビ以外の時は多少遠ざけるようにするといいです。表現力のスコアでは、抑揚をつけた方が有利です。マイクの使い方1つでも抑揚のつき方が変わるため、意外と重要なのです。

ガイドメロディを覚える

カラオケに行き慣れている人でしたら、「ガイドメロディ」というのをご存じでしょう。音程を自分の声の高さに合わせることができる機能です。ガイドメロディにおいては、音程をしっかり合わせることが大切です。

できればオリジナルのキーで歌いたいところですが、自分の歌いやすい音程に合わせた方が、高得点を狙えます。

カラオケで高得点を出したいおすすめ曲はコレ!

カラオケでは、自分が気にいっている曲をたくさん歌いたくなりますが、「高得点を出す」という目的があるなら、数ある曲の中でも、比較的高得点が出やすい曲を選ぶと効果的です。

男女によっても歌いやすい曲は違うため、ここでは男女別に、スコアが高くなりやすい曲をご紹介します。

【女性篇】

  • プラネタリウム(大塚愛)
  • CHE.R.RY(YUI)
  • さしさで溢れるように(JUJU(ジュジュ))
  • タッチ(岩崎良美)

【男性篇】

  • 桜坂(福山雅治)
  • 海の声(桐谷健太)

カラオケで高得点を出すための方法まとめ

以上、カラオケで高得点を出すための方法をポイントやハイスコアを取りやすい曲と合わせて紹介させていただきました。いかがでしたか?

カラオケのガイドメロディを基準にして音程をとると、声に安定感が出てきます。長く声を伸ばす部分でも、ブレずに済むでしょう。その上で、マイクの使い方を工夫して、抑揚やビブラートをきかせて表現力をつければ、ハイスコアが狙えますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です