東京のホットヨガおすすめ5選【安いのはどこ?】

東京のおすすめホットヨガ

ホットヨガスタジオや常温ヨガスタジオに長年通ってきた私が自分の体験をもとに、東京都内に店舗がたくさんあるおすすめのホットヨガスタジオを紹介しています。

lava

カルド

zen place
zen place(ヨガプラス)
ララアーシャ

ロイブ
ロイブ
店舗数
約440店舗
約66店舗
20店舗
11店舗
46店舗
入会金 4,630円 10,000円 20,000円 5,000円 926円
5,000円
(銀座店)
初期費用 施設使用料
1852円

メンバー登録料
4630円
事務手数料
5000円
なし なし なし
月会費 9,537円〜 8,500円〜 13,425円〜 14,000円〜 8,700円〜
スタジオの
温め方
ヒーター 熱伝導式ヒーター
遠赤外線床暖房
ヒーター
エアコン
床下水蒸気熱型 電気
サウナストーブ
畳のような床 フローリング フローリング 岩盤 フローリング
男性の受講 店舗によってはOK 店舗によってはOK OK 一部のクラスのみ可 不可
体験
料金
926円 980円〜
(店舗による)
1,000円 1000円
3000円
1,852円
3,000円
(銀座店)
キャンペーン 入会金0円
登録料0円
会費割引
入会金0円
会費割引
(店舗による)
入会金0円
マットレンタル0円
入会金0円
登録料0円
会費割引
体験レッスン500円
入会金0円
登録料0円
会費割引

ホットヨガ カルド

東京都内に21店舗あるホットヨガスタジオカルド。

LAVAに比べると店舗数は少ないですが、とにかく料金が安いのが魅力。また、会費は安いのにホットヨガだけでなく、フィットネススタジオも利用できるかなりお得なホットヨガスタジオです。岩盤浴も併設している店舗もあるので、ホットヨガとスポーツクラブに一度に通えちゃいます。欲張りな方には大満足なホットヨガスタジオです。店舗が職場や自宅の近くにある人は超ラッキーかも!

カルドでも体験レッスンが受けられます。体験レッスン料金は1,500円〜と店舗によって異なりますので詳細は各店舗の情報を参照してくださいね♪

スタジオの多さ アクセスの良さ 会費の安さ
快適さ スタジオの広さ インストラクター
スキル
クラス数の多さ スタッフの対応 体験レッスン
キャンペーン情報

カルドでは店舗によってキャンペーン内容は異なりますが、入会金や事務手数料が無料になるうえ、月会費が1ヶ月0円になったりするのでコスパよくホットヨガが始められますよ。詳細は公式サイトよりご希望のエリアのキャンペーン詳細を参照してくださいね♪

ホットヨガスタジオLAVA(ラバ)

LAVA(ラバ)
私が実際にレッスンを受けてみたホットヨガスタジオの中で、店舗数、アクセス、施設、レッスンプログラム、スタッフの対応などが二重丸だったのがホットヨガLAVA。

銀座や新宿、渋谷、目黒、恵比寿、赤坂などなど・・・東京都内の店舗数はなんと100以上!どの店舗も駅近で交通の便が良いので雨の日でも楽チンです。

通常のホットヨガ以外にもボクササイズやホットピラティスなど、メニューも豊富。目的や気分、体調に合わせて参加プログラムを変えられるのでレッスンが楽しくなりますよ。夜や週末のレッスンは結構混雑気味なのが気になりますが、時間帯を選んで通える方にはすごくおすすめのホットヨガスタジオです。

スタジオの多さ アクセスの良さ 会費の安さ
快適さ スタジオの広さ インストラクター
のスキル
クラス数の多さ スタッフの対応 体験レッスン
キャンペーン情報
現在、LAVAは体験当日に入会すると3ヶ月間の月額料金が3,100円、入会金・登録金0円になるキャンペーン中です。3ヶ月の間はどれだけ通っても月3千円弱とかなりお得になるチャンスです。6/30までの期間限定での特別価格なので、ホットヨガを始めたいけど出来るだけお金を掛けたくない!という人は要チェックですよ!

zen place(旧ヨガプラス)

zen place(ヨガプラス)
zen place(旧ヨガプラス)は東京・横浜・大阪に18店舗展開するヨガスタジオ。都内には12店舗あります。ホットヨガLAVAやカルドはホットヨガのみとなっていますが、ヨガプラスはホットヨガと常温ヨガの両方が楽しめます。

インストラクターのスキルも高いので本格的なヨガスタジオをお探しの方におすすめ!

スタジオの多さ アクセスの良さ 会費の安さ
快適さ スタジオの広さ インストラクター
のスキル
クラス数の多さ スタッフの対応 体験レッスン
キャンペーン情報
現在、zen place(旧ヨガプラス)では入会キャンペーンを行なっています。体験当日に入会するとマットレンタル代が0円になるうえ、入会金・年会費ともに無料となるお得なキャンペーンです。本格的にヨガを習ってみたい人はぜひ試してみてくださいね。

ララアーシャ

ララアーシャ
店舗数はまだまだ少ないですが溶岩ヨガが楽しめる!と話題のホットヨガスタジオ。店舗のインテリアがすごく可愛いです。私はララアーシャのスタジオがすっかりお気に入り♪

天然の溶岩を床に敷き詰めたスタジオは本当に気持ち良くて、ヒーターを使ったりしていないので空気が乾燥したり息が苦しくなることもありません。遠赤外線で間接的に温めるので、体の中からじっくり温めてくれる感じ。冷え性対策にはすごく良いと思いますよ。

会費はほかのスタジオに比べて少し割高ですが、インストラクターのスキルが高いので本格的なヨガが学べます。少人数でじっくりヨガを学びたい方にはおすすめのスタジオですよ。スタッフの方たちもすごくフレンドリーで気持ちいい接客をしてくださいます。

なお、通常は体験レッスンの料金は3,500円ですが今なら1,000円で試せるお得なキャンペーンをやってます。

スタジオの多さ アクセスの良さ 会費の安さ
快適さ スタジオの広さ インストラクター
のスキル
クラス数の多さ スタッフの対応 体験レッスン
キャンペーン情報
現在、ララアーシャでは6月末までの期間限定で新規入会キャンペーンが実施されています。体験当日の入会で入会金が0円になるうえ、1ヶ月目の月会費も0円になるので、かなりお得にホットヨガを始められますよ。ララアーシャでの溶岩ヨガをやってみたいという方はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

ロイブ

ロイブ
ロイブは東京で4店舗展開するホットヨガスタジオ。東京以外にも42店舗も展開している全国チェーンのスタジオです。都内のどのスタジオも駅から数分とアクセスは二重丸。

女性専用スタジオなので男性の目を気にせず思い切り体を動かせます。

また、プログラムが豊富なのでヨガが初めての人から上級者まで楽しめるうえ、インストラクターの質も高いのが特徴です。

入会金が926円と安いうえ、月会費も8,700円〜とかなり割安。デイタイムプランなら月12,000円で通い放題なので、昼間に通いたい主婦や平日休みの人にはかなりおすすめのホットヨガスタジオです。

スタジオの多さ アクセスの良さ 会費の安さ
快適さ スタジオの広さ インストラクター
のスキル
クラス数の多さ スタッフの対応 体験レッスン
キャンペーン情報
現在、ロイブでは3ヶ月間2,700円で通い放題のキャンペーンを行なっています。(銀座店のみ3,900円)5/31までの期間限定なので終了まで残りあと数日!体験も500円でできるので、ロイブに興味のあった方はお急ぎくださいね。

ホットヨガと常温ヨガの違い

普通のヨガは常温でヨガを行いますが、ホットヨガとは室温35〜40度、湿度55%前後に保たれたスタジオでヨガを行います。

高い温度の環境でのヨガは、筋繊維が柔らかく伸ばしやすくなることで柔軟性が増し、発汗・老廃物の排出を促してくれます。

ホットヨガには、美肌効果や肩こり・腰痛の改善、ダイエット、美脚など、いろいろな効果があると言われてるんですよ。

ヒーターのみで温めているところや遠赤外線の床暖房になっているところなど、温め方はスタジオによってそれぞれ異なるので、自分がヨガをしていて気持ち良いと思えるスタジオを選びたいものですね。

ホットヨガのこんなところが良い!悪い!

ホットヨガのデメリット

  • 自宅ではできないのでお金が掛かる
  • スタジオに入会して通わなくてはならない
  • 大量の汗をかく

常温ヨガは自宅でもできますが、ホットヨガは温度湿度ともに高い環境の中で行うのが特徴なので自宅ではできません。つまり、ホットヨガの環境が整っているスタジオまで行かなくてはいけない=入会金や月会費などコストが掛かるということに。

また、お金を掛けたくないからという理由で自宅でヨガを始める方も多いですが、DVDや本で見よう見まねでヨガをしていたところ足首や股関節を痛めてしまった、なんていう人もちらほら見かけました。

ヨガは高齢者でもできるくらい健康的な運動ですが、間違ったやり方をしていると怪我をしてしまう可能性があります。

健康的にヨガを続けるには訓練を受けたインストラクターにしっかりアジャストしてもらうことも大切なんですよ。

また、ホットヨガは大量の汗をかきます。これをメリットと取るかデメリットと取るかは個人の価値観によると思いますが、大量に汗をかくのが嫌、という方にとってはデメリットになるのかもしれませんね。

ホットヨガのメリット

  • 大量に汗をかくのでデトックス&ダイエットに有効
  • 血行が良くなることで肩こりや腰痛の改善が期待できる
  • 体が温まるので体が硬い人も柔軟性が高まる
  • リラックス効果が得られる
  • 気持ち良い

ホットヨガは尋常なないくらいの汗をかきます。体が温まることで血行が良くなって、私は肩こりや腰痛などが吹き飛んでしまいました。

デトックス感が半端なく、レッスンの最後に行うシャバアーサナでは超リラックス♪ レッスンが終わると爽快感でいっぱいになります。この感覚はサウナとはまたちょっと違う感じなんですよね。

語彙力が低くてうまく言葉で言い表せないのですが、こればかりは体験して人にしか分からない感覚かも。

ダイエットしたい!痩せたい!と思ってる人にもホットヨガはおすすめだと思いますよ。私もヨガを始めて半年くらいで3キロほど体重が落ちました。運動経験がない人ならその効果はさらに感じやすいかも。

また「体が硬いからヨガは無理?」なんて方もホットヨガなら大丈夫だと思いますよ。体が温まっている状態でヨガをするので、筋肉が伸びやすく普段より体の柔軟性がアップするんです。常温ヨガでは無理だったポーズもホットヨガならできるかも。

ホットヨガの持ち物【服装は?何を持っていけばいいの?】

ホットヨガってどんな服装でやるの?
何を持っていけばいいの?

ホットヨガが初めての方にとっては疑問だらけですよね。

そんな方のためにホットヨガに持っていくと便利なアイテムやおすすめのウェアなどを紹介しますね。

ホットヨガの持ち物 これを持っていくと便利!

  1. レッスンウェア
  2. 替えの下着
  3. シャワー用のバスタオル
  4. 汗拭き用フェイスタオル
  5. お水(1リットル以上)
  6. 汗で濡れたウェアやタオルを入れるビニール袋
  7. ヘアゴムやヘアバンド
  8. 化粧落とし・メイク道具

1. レッスンウェア

通常のヨガと違い、ホットヨガは高温多湿な室内でヨガを行います。

他のヨガではそれほど汗をかかないため、動きやすい点だけに注意さえしていればどんなウェアでも大丈夫ですよ。

スリアやリアルストーンなど本格的なヨガウェアを買ってもいいですが、ユニクロでも十分です。

ユニクロでホットヨガ

ユニクロのエアリズムはサラサラしていて着心地がいいうえ、汗をかいてもムレにくいのでホットヨガにもオススメです。

私はこんな格好でレッスンを受けてます。

お気に入りのテジャスのレギンスにオムガールのタンクトップ。

レギンス付きパンツなのでヒップラインも気になりません。

中にはユニクロのエアリズムのブラトップを着てます。

ホットヨガでは汗を大量にかくので、常温ヨガよりも肌を露出したウェアの人が多いですね。

ユニクロのブラトップのようなものにショートパンツという方が多いです。

女性だけの店舗は比較的短いパンツを履いた方が多いような気がします。

2. 替えの下着

ホットヨガは下着が濡れてしまうほど汗をかきます。替えの下着は必須です。

替えの下着を忘れてしまうと、帰り道がキツイです(汗)

3. シャワー用のバスタオル

ホットヨガスタジオではレッスン後にシャワーを浴びられます。すっきり汗を落として帰りたい!という方はバスタオルが必要です。

荷物になるのが嫌という方はバスタオルのレンタルが便利です。

ただ、シャンプーや石鹸の使用は禁止されているので、近くに住んでいる人はそのままシャワーを浴びずに帰る場合が多いですね。

4. 汗拭き用のフェイスタオル

汗っかきな人もそうじゃない人もレッスン中に使うフェイスタオルは必須です。

タオルは、体や顔の汗だけでなく、汗で滑るときにヨガマットを拭く際にも使います。

5. お水

お水は1リットル以上用意していきましょう。水分を取らずにホットヨガをすると脱水症状を起こす恐れもあるので、レッスン中は水分補給が必須です。

もちろんミネラルウォーターの販売もしているので、忘れても心配いりませんよ。

6. 汗で濡れたウェアやタオルを入れるビニール袋

あるとかなり便利なのが汗で濡れたウェアやタオルを入れるビニール袋。

コンビニ袋でもビニール袋でもなんでも大丈夫です。

私はこのような消臭ランドリーバッグを持っていくようにしてます。

どんなに汗をかいたものを入れても匂わない優れものです。

入会したらこういうバッグを購入するのもいいですが、体験レッスンだけでしたらビニール袋で十分ですよ。

7. ヘアゴムやヘアバンド

ホットヨガでは、髪の毛を下ろしたままレッスンをすると、動きにくいうえ、汗で髪の毛が体に張り付いたりして、かなり悲惨なことになります。

ショートヘア以外の方はヘアゴムをひとつ持っていきましょう。

ヘアバンドやカチューシャも便利ですよ。

8. メイク落とし・化粧水など保湿ケアアイテム

ホットヨガは大量に汗をかくので、メイクを落としてからレッスンを受けたほうがいいです。ホットヨガスタジオでもノーメイクでのレッスンを推奨しています。

スタジオにはメイク落としや化粧水は置いてありますが、私はいつも使っているものがいいので、100均で買った小さいボトルに入れ替えて持っていくようにしています。

乳液やクリームなどは用意されてない場合がほとんどなので、レッスン後に保湿したい方は持って行ったほうがいいですよ。

なお、ホットヨガLAVAではタオルやウェアのレンタル・販売も行ってます。

仕事帰りや買い物先でふと思い立ったとき、手ぶらでホットヨガに行けるのは有難いですね。

サウナが苦手でも大丈夫?頭が痛くなったり気持ち悪くなったりしない?


私もサウナが苦手なんです・・・・何度かトライしたものの、毎回わずか数分で息苦しくて挫折。そのうえ、ほんのちょっとサウナに入ってただけなのに頭が痛くなってしまって・・・

なので、最初にホットヨガスタジオに興味を持ったとき、「サウナが苦手な私には無理かな」と思ったりしました。

でも

  • サウナとは全然違って息苦しくない
  • もし具合悪くなったりしたら退場してもOK

ということだったので、思い切って体験レッスンを受けてみることに。

スタジオに最初入ったときは「うわ!すごい熱気!こんな暑い中でヨガなんかして大丈夫かな・・・・」とちょっと不安でしたが、サウナの暑さとはまったく違うので息苦しさみたいなものは一切ないんです。

ホットヨガの温かさが気持ち良くて、レッスン後はすっきり気持ちいいくらいです。

あと、ホットヨガで頭が痛くなるのは呼吸が止まってるからなんだそうです。レッスン後の頭痛を避けるためにも、ポーズをするときに意識的に深い呼吸をするようにしてみましょうね。

不安な方は、スタジオの温度が低いところにまずは体験レッスンに行ってみるといいかもしれませんよ。

lava カルド zen place ララアーシャ
温度 32度~38度 40度 27.2度 35度
湿度 50~60% 55% 70%

lavaはプログラムによって多少温度・湿度に差があるようです。あまり運動量のないプログラムでは温度は高めになってるんだとか。

カルドは店舗によって多少温度設定に違いがあるそうです。スタッフさんの話では池袋が一番暑いとか。

ララアーシャは湿度が高めなので、個人的には一番ラクでした。

zen place(旧ヨガプラス)はホットヨガの場合、27.2度と40度の2種類の温度設定から選べます。272.度は初夏の気候に近いくらいの温度なので、サウナが苦手な人でも安心してトライできるはず。なお、設定湿度は公表していませんが、湿度は他のスタジオと比べるとかなり低め。カラッとした暑さです。

身体が硬いからホットヨガができない?

「身体がすごく硬くて前屈してもまったく床に手が付かないんですけど・・・・・身体が硬いとヨガなんて無理ですよね」

そんな風に思ってる方でも大丈夫!ヨガは身体が硬くても問題ないんです。むしろ身体が硬いほうがヨガの効果を実感しやすいと言われているくらい。逆に、身体が柔らかすぎると筋肉を使わなくても楽にポーズが取れてしまうため、効果が出るまでに時間がかかるようです。

ただ、身体が硬い方は無理をすると筋や関節などを痛めてしまう恐れがあります。「ちょっとイタ気持ちいい」と感じられるくらいのところでストップしながらヨガをするといいですよ。

なお、ホットヨガは身体が温まった状態でポーズを行うので筋肉が伸びやすくなり、身体が硬い方には常温ヨガよりもおすすめです。

ヨガを1年くらい続けると、身体が硬い方でも驚くほど身体が柔らかくしなやかになるのを実感できるはずです。常温ヨガよりもホットヨガのほうが身体が柔らかくなるのが早い気がします。

ヨガは人と比較せず自分の中を見つめてやるものです。柔らかい人と比べずに、今の自分を受け入れながら「気持ち良い!」と思えるヨガをやるのが一番です♪

ホットヨガスタジオの選び方

ホットヨガをやってみようと思ったときに一番悩むのがスタジオ選びですよね。ホットヨガは1回だけでダイエットや美肌などの効果が出るものではありません。続けることが大切ですよ。

ホットヨガを長く続けるためにも、スタジオを選ぶときには以下の3点に注意しましょう。

1. アクセスの良さ

自宅や職場に近いなど、通いやすい場所にあるスタジオに入会するようにしましょう。いつも降りない駅やたまにしか行かない場所にあるホットヨガスタジオに入会してしまうと、最初の1ヶ月くらいはいいのですが、2ヶ月くらいから行くのがだんだんと面倒になってきてしまいます(汗)スタジオによっては、体験当日入会キャンペーンなどの場合には5ヶ月〜6ヶ月在籍することが入会金・登録費用0円の条件になっていたりすることもあります。

そういう場合には、ホットヨガにまったく行かなくなったのに月会費を払いつづけなくてはいけないといった状況になってしまったりします。そんなことにならないためにも、とにかく通いやすい場所にあるスタジオを選ぶのが一番です。

2. 店内・スタジオの雰囲気

お店の雰囲気は、ホットヨガLAVAとホットヨガCARDOでもまったく違うし、それぞれの各店舗でも異なります。

自分が居心地が良いと思えるホットヨガスタジオを選びましょう。それを見極めるためにも入会前の体験レッスンは必須ですよ。いきなり入会せず、まずはレッスンを受けてみましょう。

3. インストラクター・スタッフの対応・スキル

「スタッフの対応が悪かった」という口コミもよくありますが、これは店舗によってかなり違います。悪い口コミがあったとしても、それらはあくまでも参考程度にしておいて、インストラクターとの相性もあるので実際に自分の目で見て確かめたほうがいいですよ。

でも、スタジオがどんな雰囲気なのか、スタッフの対応はいいのか悪いのか、などは実際に店舗に行ってみないとわかりませんよね。ホットヨガスタジオまでのアクセスも、実際に出向いてみないとわからないこともあります。そこで便利なのが体験レッスンです。

当サイトで紹介している東京で人気のホットヨガスタジオでは、すべて体験レッスン制度を設けています。体験レッスンにかかる料金も500円〜と格安。私の経験から見て、どのスタジオも勧誘がほとんどないので「勧誘されるのが不安」という方も気軽に体験レッスンに行ってみてくださいね。

ホットヨガスタジオ選びに迷ったら『カルド』がおすすめ!

カルド銀座
カルドは日本全国に店舗を持つホットヨガスタジオ。店舗もスタジオも広くてすごくキレイ!他のヨガスタジオと比べても、かなり広々としていてゆったりリラックスしてホットヨガができますよ。

そのうえ、月会費が安いのもカルドの魅力のひとつですね。

入会金0円や最初の2ヶ月の月会費が0円になるなど、かなりお得なキャンペーンをやっていることも多いので、「ヨガは始めたいけど初期費用をあまり掛けたくない」なんて方は興味のある店舗のキャンペーン情報をチェックしてみてくださいね。

いつでも体験レッスンも受けられるので、興味のある方はぜひ行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です