世界的バレエダンサーの吉田都さんってどんな人?経歴や夫について調べてみた【動画】

吉田都

『眠れる森の美女』『真夏の夜の夢』『くるみ割り人形』などなど、数々の舞台で主役を務めてきた吉田都さん。

22年間にわたってイギリスのバレエ団でプリンシパルとして活躍してきた彼女は、日本でも絶大な人気を誇っています。

今回は、そんな吉田都さんのバレリーナとしての活躍や、今までの人生、今後の活躍の予想などを、素敵な踊りの動画とともに紹介していきます!

吉田都さんの経歴【年齢は?出身は?】

生年月日 1965年10月28日
出身 東京都国立市
身長・体重 159cm 45kg
家族 ご主人:遠藤貴(ユニバーサルスポーツジャパン 代表取締役)
出身校 都立北多摩高等学校
英国ロイヤル・バレエ学校

吉田都さんは、1965年10月28日、東京都国立市で生まれました。9歳で石沢秀子さんという方からバレエを習い始め、『全国舞踊コンクール・ジュニア部門』で第1位を取るなど、才能を表します。

ローザンヌ国際バレエコンクールで受賞し、英国ロイヤル・バレエ学校へ

高校在学中に『ローザンヌ国際バレエコンクール』でスカラシップ賞を受賞し、英国ロイヤル・バレエ学校に入学しました。

こちらがそのローザンヌで吉田都さんが踊ったときの動画です。演目はコッペリア。

最初は上級学校の一年生だったものの、一年足らずで最終学年に移るなど、英国でも高い評価を受けていたようです。

入学一年後にサドラーズウェルズ・ロイヤル・バレエ団(現バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)に入団し、1988年には最高位のプリンシパルに就任するという快挙を成し遂げます。

やはり、当時から才覚を発揮されてたのですね。

そしてこちらは日本バレエ協会の「眠りの森の美女」という公演です。159cmとバレリーナのなかでは小柄な吉田さんですが、とても滑らかで優雅な動きですね。

脚や指先まで美しく繊細なバレエは、吉田さんにしかできない素晴らしいものです。

ロイヤル・バレエ団に移籍

そんな吉田都さんは1995年にバーミンガムからロイヤル・バレエ団に正式に移籍。「バーミンガムのような家庭的な雰囲気の中に居続けたら自分の成長が止まってしまう」と思ったのが移籍の理由だそうです。

こんなに才能があるのになんて努力家なんでしょう!!!ほんと、尊敬しちゃいます。

特に現役時代は一日一食だったそうで、そのストイックさには驚かされますね。

また、ロイヤル・バレエ団に所属していた時は、年200回以上の公演をこなしており、チケットも9割以上売れていたそうで、吉田さんの人気ぶりがうかがえます。

「頂点でやめたい」との理由から、2010年6月、『ロミオとジュリエット』の東京公演をもってロイヤル・バレエ団を引退し、その後は日本を拠点にフリーランスとして活動しています。

吉田都さん、2019年で引退!その理由は?

国内外で人気を誇る吉田都さんですが、2019年8月をもってダンサーを引退することを自身のfacebookで表明しました。
引退の理由はいったいなんなのでしょうか?

吉田さんのfacebookにその引退の理由が書かれていました。

吉田都 引退

「今度は私が若いダンサーたちの応援をしたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!」とのコメント。ダンサーとして活躍することから、若い世代の育成に力を入れることに意識を向けたのではないでしょうか。

もちろん引退の理由はこれだけではなく体力的な問題もあるのかもしれませんが、53歳という年齢までバレエを続け、日本のバレエ界を引っ張ってきてくれた吉田さんは、多くのバレリーナの希望になっているはずです。

吉田都さんの引退公演は、「NHKバレエの饗宴」特別企画として新国立劇場オペラパレスで開催されます。今年のバレエの饗宴はチケットの争奪戦になるかもしれませんね。

現在は東日本大震災の後にロンドンでチャリティー公演を行ったり、国連の活動に協力したりと色々な活動をしているようなので、吉田さん個人の今後の活動や、バレエとの関わり方にも注目していきたいですね。

吉田都さんの夫や子供が気になる!

吉田さんは2005年『ユニバーサルスポーツジャパン』の代表取締役である遠藤貴さんと結婚しています。

二人が出会ったのが吉田さんが25歳の時ということで、かなり長い付き合いから結婚に至ったと言うことになります。

「吉田都さんには子供はいないの???」と気になる人も多いと思いますが、お互いの多忙さや結婚したのが40歳という年齢もあったのか、二人の間に子供はいないようですね。

吉田都さんの素敵な動画を集めました!

こちらはロミオとジュリエットの動画。吉田都さんのジュリエットは可憐で可愛くて演技力も素晴らしい!と評判です。

こちらは「オンディーヌ」という公演。2005年に行われた舞台の動画になります。

ひとつひとつの動きや間の取り方、目線の動かし方など、見れば見るほど丁寧で美しいです。

「彼女の踊りは人間業じゃない」「別世界に連れて行ってくれる」とまで言わしめる実力を画面越しでも感じられるのではないでしょうか。

こちらは「ドン・キホーテ」の第一幕。吉田さんと言えば優雅で繊麗な動きが最大の魅力ですが、普段とは打って変わって大胆な動きですね。

表情も豊かで、躍動感のある演技に引き込まれてしまいます♪

ちなみにこちらは、吉田都さんが出演されていた『スーパーバレエレッスン』というテレビ番組の動画です。ご自身も身体を動かしながら指導されていらして、バレエに対する熱意が感じられますね。


こちらの動画では、スーパーバレエレッスンのなかで吉田都さんがジゼルを踊られている動画です。


1994年のロイヤルバレエでのくるみ割り人形。


こちらは1997年10月に新国立劇場のこけら落とし公演でのローズのバリエーションの動画です。

吉田都さんの今後の活躍に期待!

以上、吉田都さんについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

神業的な技巧を持ち、高い向上心で長年に渡ってプリンシパルを続けてきた吉田さん。

私もいちバレエ経験者として、とても尊敬しています。

そして、そんな吉田さんが見つめる今後のバレエ界がとても気になります!ぜひ、吉田さんのような素敵なバレリーナが日本からまた出てほしいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です